​薬局としての活動

薬局としての活動

 

 処方箋による調剤の他、薬剤師がご自宅に訪問して残薬・薬の飲み合わせ・薬の飲みにくさの改善や薬の説明を行ったり、体調の確認をしたり、場所を設けて勉強会を開いたり、地域で劇をしたり、地域のイベントに参加したりしています。

 薬局に一人で薬をもらいに来られない方にはお薬をご自宅までお届けします。
 薬代の負担をできるだけ減らしたい方には薬剤師がご自宅にて残薬状況を確認し、余っているお薬を医師と連携をし、

  余分にお薬が処方されないようにします。
 薬の飲み方が良くわからなくなったり飲み忘れたりしていつのまにか薬が余ってしまう方にはお薬カレンダー等を使って薬を管理し、

  飲み忘れや誤飲を防ぎます。
 お薬カレンダーでも飲み忘れ・薬に回数飲み過ぎてしまうケースがあります。そういった場合、訪問看護やケアマネージャー等の

  他職種、場合によっては市町村と連携することで問題を解決します。
 処方された薬が飲みづらい方には患者さまの症状や生活状況などをみて、その方に合った薬の種類・用法・用量などを考えます。

  必要に応じて薬の処方内容の変更を医師に提案することもあります。
 服薬の介助に時間がかかりお困りの方には服用方法に合わせて処方薬の変更や一包化などを提案します。
 市販の風邪薬や健康食品と処方された薬との飲み合わせが不安な方には他院の処方薬はじめ一般薬品、サプリメントなどの飲み合わせ

  チェック、副作用の確認も行います。


その他NPOとしての活動は以下のようなものがあります。

<地域のイベント>